dmi-staff

記事一覧(55)

PEANUTS!

こんにちは、デザイナーのしょうだいです。先日の日曜日は六本木にある「SNOOPY MUSEUM TOKYO」にお邪魔してきました。言わずと知れた世界中で愛されているキャラクターの一つですね。私はといえば、いくつかのグッズを持っていたにもかかわらず主要登場人物の名前くらいしか知らず、「へぇ〜、チャーリーってスヌーピーの飼主だったんだ〜」「えっ!スヌーピー閉所恐怖症だったの??」などと新鮮な感動を味わったわけですが、貴重な原画の展示やショートムービーの上映に加え、館内にはカフェやミュージアムショップなどもあり、今まで知らなかったキャラクターそれぞれの個性豊かな側面も垣間見え、ファンならずとも楽しめる内容でした。そんな中で興味深かったのが作品中に出てくる擬音、オノマトペでした。マンガなので前後のストーリーを読めばだいたいのニュアンスはわかるのですが、中には馴染みのない、あるいは想像のつかない表現があったのでいくつかご紹介します。(答えは最後に)AUGH!BONK!BLAAH!BLAAH!SPLUT!KLUNK!BLEAH!POOF!SIGHPLUNKどうでしょう?いくつわかりますか??とにかくキャラクターが可愛らしく、詳しいことは知らなくてもついつい買ってしまうスヌーピーグッズ。もちろんそれで 十分なのですが、こういった擬音表現なども調べてみると作品に対する理解も深まり、より一層その世界観を楽しむことができるのではないでしょうか。ミュージアムショップもとても魅力的で、原作者はもとよりグッズ製作者の愛も感じられます。同じものづくりに関わる人間として、こんな風に作品に対して愛を持って接していきたいと思う日曜の昼下がりでした。残念ながらこのミュージアムは2年半の期間限定だったそうで、今年の9月には閉館してしまいます。この機会に皆さんも足を運んでみてはいかがでしょうか。ーーーーーーーーーーーーーーーーー答えーーーーーーーーーーーーーーーーーAUGH!ああっ(という叫び声)。驚いたときにあげる叫び声BONK!ボン(カン)とたたくBLAAH!BLAAH!ナントカカントカ・・・SPLUT!グシャっと押しつぶす擬音。KLUNK!軽く頭をぶつけた際の擬音。BLEAH!あっかんべーPOOF!パッ、フッ。手品などで物が瞬時に消えるときの擬音。SIGH悲しさ、疲れ、安心、満足などでつくため息PLUNKポロンポロンと鳴らす、はじく擬音。ぽんと置く、ドサッとほうり出す擬音。ドシンと腰を下ろす擬音。

「YOGEE NEW WAVES」ワンマンライブツアー

はじめまして、MD事業部のヒラシマです。昨日「YOGEE NEW WAVES」のワンマンライブを観に赤坂BLITZに行って来ました!実はこのバンドのメンバーの1人が高校の同級生で、ご縁あって現在彼らのオフィシャルグッズの製作を担当させていただいています。「YOGEE NEW WAVES」は今年も数多くのフェスへの出演が決定していたり、11月公開の映画「おじいちゃん、死んじゃったって。」の主題歌を担当していたりと、インディーズバンドながらも注目を浴びているバンドで、今回の「RIDE ON WAVES TOUR」は、今年の1/16に新メンバーを迎え約2年半ぶりに発売したアルバムを引っさげての初のワンマンライブツアーということで、彼らの記念すべきツアーです!そんな彼らのグッズを彼らと一緒に商品を考えて製作をし、彼らのLIVEを盛り上げるお手伝いができていると思うととても嬉しく思いますし、高校の同級生が赤坂BLITZで演奏している姿を観て、なんともいえない気持ちになりました。当日は赤坂BLITZが2階席まで埋まり立ち見の方も数多くいる中で、グッズのTシャツを着用していたり、タオルを掲げている人がいる光景を観ることができ、今後グッズ製作をする上での活力になりました!少しではありますが、彼らの紹介と当日のLIVEの写真を掲載させていただきます。

Typoglycemia【タイポグリセミア】

はまじめして こんちには。デナイザーの しょうだい です。ときうょう も よやうく あたかたくなり おなはみシズーンの とらうい ですね。みさなん こしとの おなはみ は きまりまたしか?とろこで はしなは かりわすまが、 イリギス の とある だがいく の けんゅきう にるよと にげんん の のうは たんご の さしいょ と さいご の もさじえ あっいてれば じんゅばん が デラタメ でも にしんき すこるとが でるきうそです。いがかしでたか? ここでまの ぶんょしう は よまめたしか?なんとも煩わしい文章ですが、皆さん意外にもスムーズに読めたのではないでしょうか。実はこれ、今から8年ほど前に某有名掲示板に投下されて以来、様々なところに拡散され話題になった「ケンブリッジ大学の研究」と呼ばれるコピペを真似てつくった文章なのですが、ひらがなとカタカナで構成され、スペースで区切られた単語の先頭と末尾さえ正しければ不思議と読めてしまうというものなんです。この「わりと読めてしまう」現象、Typoglycemia(タイポグリセミア)と命名された現象の科学的根拠は示されていないそうですが、パソコンや携帯電話同様に、私たちの脳内でも見慣れた単語や良く使う文章に予測変換が行なわれているのではないかと考えられます。優れた能力ではありますが、同時に「読み易いようにフンイキで呼んじゃえ」的な、なかなか大雑把な構造とも言えます。文字を扱う職業柄、誤字脱字は憎むべき敵であり日頃から注意しなければならないのに、冒頭のような文章が案外スラスラ読めてしまうというのはなかなか厄介な気もします。しかしその反面なんとも言えない面白みを感じてしまうのは、こういった作業に脳がなんらかの刺激を受けて活性化しているせいかもしれませんね。MD事業部 正代